鬼瓦の世界

三州瓦・鬼瓦の世界・手造り

手造り

鬼板師と呼ばれる熟練技術者が伝統的手法で鬼瓦を制作します。三州鬼板師ひとり一人が自分の作品に誇りを持ち、常に自分の技に磨きをかけています。
素材の三河粘土を使い、技術を徹底的に追求し、自分自身の技を最大限に出し、そこから生まれる手造りの鬼瓦はまさに芸術品です。
その製品は国内、海外から高く評価され、国宝、文化財、城郭、公共施設などに広く三州鬼瓦が使われています。徹底的に手造りにこだわり生まれる鬼瓦だからこそ、厄を払い、福を招き、人々の心を和ますのでしょう。
三州瓦・鬼瓦の世界・手造り

三州瓦・鬼瓦の世界・手造り道具 三州瓦・鬼瓦の世界・手造り道具 鬼瓦の製作に使われる道具たち。左からタタキ、すだし、竹ベラ、カキヤブリ、ヨリヌキ、しないべら、上段左よりバチ、マルガマ。これが全てではなく数種類の道具を使い分ける。
この道具と職人の腕だけで5尺以上(高さ約165cm)もある鬼瓦を作って行く。

三州瓦・鬼瓦の世界・手造り 三州瓦・鬼瓦の世界・手造り1
【1】焼き縮みを計算の立、正確な図面(型紙)を描く。
三州瓦・鬼瓦の世界・手造り2
【2】型紙を使って粘土板に図面を罫書き、カマで切り付け表面を作る。
三州瓦・鬼瓦の世界・手造り3
【3】出来た表面に側面を張り付ける。裏面も表面と同じ作業で張り付ける。
三州瓦・鬼瓦の世界・手造り4
【4】表面に雲などの模様を付け土して、全体の形を造り上げる。
三州瓦・鬼瓦の世界・手造り5
【5】ほどよい堅さになった所でヘラで仕上げをする。
三州瓦・鬼瓦の世界・手造り6
【6】布などをかぶせたり取ったり、また手返しして、ゆっくりと乾燥させていきます。
三州瓦・鬼瓦の世界・手造り7
【7】約1,130度前後の高温で、1日から2日かけて焼成します。
三州瓦・鬼瓦の世界・手造り8
【8】大きな鬼瓦は造り始めてから完成までに、2〜3ケ月以上の日数がかかります。

 
▲ TOP 

HOME

人と環境に優しい三州瓦、鬼瓦の世界など紹介。公式ショップでは鬼瓦・厄除・御守・干支瓦・ガーデニング用の瓦などを販売。





三州瓦工業協同組合 Official Site


〒444-1325  愛知県高浜市青木町六丁目2番地13 [TEL] 0566-53-1420 [FAX] 0566-52-0435